草津白根山へ

草津温泉街にいた時は快晴だったのに、お天気は下り坂のようです

ガソリンを補給してお昼ご飯を調達している間にどんどん雲が広がってきた〜

草津白根山へやって来ました。

ロープウェイでも本白根山へは簡単にアクセスできますが、今回は今年の6月に解禁になった白根山の湯釜を絶対に見たいので、レストハウスまで車を走らせます

途中の展望ポイント。

惜しくも青空では無いけれど、壮大な山の景色に感動しました。

道中では自転車やバイクともたくさんすれ違いました。

登りはかなり険しいですが、絶景ロードは気持ちよさそうです

レストハウスの駐車場に車を停めて身支度を済ませたら、早速湯釜を見に行きます

湯釜を見られる場所へ上がる道は観光客でいっぱい!

天気が崩れる前にと急ぎ足で登りました。

一気には上がれなかったけどね

10分ほどで展望所に着きました。

ふぅ、間に合った〜!

ガスが薄っすらとかかっている程度で、神秘的なミルキーブルーの火山湖を見ることができました

すっごい綺麗

駐車場へ戻り、お次は本白根山へ。

弓池とその向こうにさっき歩いていた展望所への道が見えました。

人多い!さっきより渋滞してるみたい

弓池から約10分後、コマクサリフトの乗り場に着きました。

ここから道は山の中へ入っていきます。

道は整備されていますが、決して緩やかとは言えない感じでサクサクッとは歩けません。

息が上がらないようにゆっくりめに進みました。

しばらくすると木道のなだらかな坂道へと変わり、ごく自然なレベルでペースが速くなりました。

すると後ろから声が。

なんや、こんな速さで歩けるんやん。

さっきの登りもこれぐらいの速さで行ってくれたら良かったのに。

こーいーつーはーーー!!

夫の健脚には羨ましいを通り越して少しイラっとさせられます。

古い噴火口であるから釜が見えました!ここからはから釜の縁を歩いて行きます。

すり鉢状の火口周囲にはコマクサがあちこちに咲いていました

こんな火山礫の斜面でもお花畑になるんですね。

姿は可愛らしいけれど、その生命力はなんともたくましい!

遊歩道の最高地点に来てみました。

この周辺が花が一番多かったように思います。

寄り道?した甲斐がありました〜!

女王陛下、今年もお会いできて光栄です

しかし、ここに着く直前から雨がパラパラと。。

写真を撮っている短い間に一気に雨足が強くなりました

あっという間に土砂降りに

足元もこんな具合で道というより水路を歩いているような感じになってきました。

せっかく来たんだし、と展望所まで上がりました。

が、もちろんすぐに下山と相成りました。

雨は酷くなる一方

雨音が大きすぎて会話もできないので無言で歩きます

途中の鏡池、雨の中でもカメの甲羅のような模様がはっきりと湖底に見えました

写真に残せなかったのが残念です

結局約1時間ほど雨に打たれながら歩いて下山。

弓池まで戻ってきた頃にようやく止みました。

後半はずぶ濡れのトレッキングになってしまいましたが、湯釜は綺麗だったし、本白根山の火口も見応えがあったし、お花畑もいい時期に見られたし、足を運んだ甲斐がありました

大昔に火山活動を終えた四阿山、今なお活動が続いていて警戒が必要な草津白根山、そしてその火山の熱によって生まれる温泉。

大地の躍動を感じられた二日間でした。

広告を非表示にする