しっと

ひらがなで書くと可愛いけど。

嫉妬って気持ちは厄介ですよね。

もう随分とあまり自分自身が持つことは無くなったように

思うのですが。

思えば、なんとなく、嫉妬という感情を受けがちな人生な気が

しています。

学生時代に受けた不快感、とか

色大人になって思い返してみると、きっと嫉妬されてたんだな、って

周りの人たちの周りから見た私の懐かし話とか聞くと感じたり。

ここ最近も、結構あります。

大人の方がわかりやすいんですね。

そして、だいたいがここ最近は異性である男の人から。

そして、たいがい年上の人。

すごくドライな感情で、こういうことがまた逆なでするのかも

しれないけど。

なんか気持ちはわかります。

わかるけど、私はそうはならないし、私はそういう考え方はしない。

という点が一番大きな違いなんだろうと思います。

嫉妬する人は、嫉妬をしてしまう世界の中で、

ずっとそうやって生きていくんでしょうか???

という観点で非常に興味はありますが、

個人的にその人個人に興味は皆無です。

という考え方も良くないんでしょうが。

できないことも、ダメな自分も、受け入れてどうするかを

考えるところからしか何も生まれないのでは??

人として正しく生きるってそういうことでは??

取っても単純なことだと思いますが、そう感じます。

なので、その人達の歩幅に合わせることはないのかな。

というワガママな私です。

人が何を自分で正しいと思うかは、人それぞれ。

それを認めることからしか、やはり何も生まれないのでは、と。