しらべてみましたムズムズ脚症候群で眠れない方にマグネシウムのススメ

むずむず脚症候群は、ドーパミンの不足によって起こることが知られており、マグネシウムを摂取することで症状が改善する、という研究を見つけました。通常、治療にはL-ドーパなどの、ドーパミンを増やす薬が使われることが多いのですが、L-ドーパは使い続けると耐性がつき、次第に効きにくくなることが分かっているそうです。マグネシウム塩化マグネシウムをおすすめしていますは、このむずむず脚症候群の症状を改善する働きがあるとのことです。マグネシウムドーパミン経路に影響を与えていることが示唆されます。ドーパミンそのものの合成には鉄が欠かせないので、吸収の良いヘム鉄、ビタミンDをお忘れなく。

塩化マグネシウム(ニガリ)500g

Amazon

DHC60日ヘム鉄120粒(416g)961円

Amazon

大塚製薬ネイチャーメイドスーパービタミンD(1000IU)90粒988円

Amazon

資料は以下を参照しました。

Sleep1998Aug1;21(5):501-5

Magnesiumtherapyforperiodiclegmovements-relatedinsomniaandrestlesslegssyndrome:anopenpilotstudy

HornyakM1UHohagenFBergerMRiemannD

以下訳文です。

要約

睡眠の間の定期的な肢運動PLMSは、レストレスレッグス症候群RLSの症状の有無にかかわらず、睡眠障害を引き起こす可能性がある。

選択すべき薬理学的治療は、ドーパミン作動薬である。

しかしながら、それらの使用は、耐性発現または反跳現象により制限される可能性がある。

散発的な観察は、経口マグネシウム治療が中等度のRLSを有する患者で症状を改善する可能性があることを示した。

PLMSn4または中軽度のRLSn6に関連した不眠症を患っている10例の患者57/-9歳平均年齢;6人の男性、4人の女性の開いた臨床および睡眠ポリグラフの研究について、我は報告する。

マグネシウムは、4-6週間にわたって夜に124mmolの用量で経口投与された。

マグネシウム治療の実施後、興奮PLMS-Aを伴うPLMSは、有意に減少した全睡眠時間p<005の1時間につき17/-7対7/-7のイベント。

興奮のないPLMSも、中等度に低下した全睡眠時間33/-16対21/-23p007で毎時PLMS。

睡眠効率は、85の/-に75の/-から12を8p<001改善した。

それらの睡眠を推定している患者群およびまたは治療n7の後改善されるRLSの症状において、PLMSの上のマグネシウムの効果とPLMS-Aは、それ以上のものだった。

我の研究は、マグネシウム治療が軽度または中等度のRLSを有する患者における役立つ代替療法である可能性があることを示す-、または、PLMS関連不眠症

RLSとプラセボ対照試験の病態生理学のマグネシウムの役割に関する更なる調査が、行われる必要がある。