メッセージ

レイトショーで観てきました。

もう封切り後随分時間も経っているし、あんな遅い時間なのに意外

なくらいお客がいました。

静かに人気がある、ということは評価できる映画のようです。

導入部、とても悲壮なエピソードから入ります。

そしていきなり場面は変わって未知との遭遇

ここからの緊張感はハンパ無いです。

息が詰まりそうなくらい。

あまりネタバレ的なことは言いたくないのですが、ある程度「考える」

ことを要求する作品だということをお伝えしておきたい。

SFであることはガチですが、いわゆる娯楽に傾いている作品では

ありません。

前の方のおっさんは途中でいびきをかいて寝ていました。

どちらかというと、SFの体裁を借りたヒューマンドラマ、と言ったほう

が近いかもしれません。

エイミー・アダムスがとても素晴らしい演技であり、映像も凄いのです

が音楽もまた良い。

独特の雰囲気を醸成しています。

全く違うとは思うのですが、個人的にはインターステラーに感触が似て

います。

時空間についての新しい解釈を提示している点でも似ているのかな。

最後まで観て、「ああ・・・そういうことだったのか!」とわかる、久々

見応えのある作品でありました。

それにしても・・・この監督(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)、次々と全く違うジャンル

の作品を発表しているけど、この引出の多さに感服します。

ブレードランナーの続編(じゃないのか?新作?)も楽しみです。

2016年米

☆☆☆1/2

広告を非表示にする