カッコウ

最近考える事カッコウについて

カッコウと言えば鳥類のネグレクター

育児放棄して育児する?鳥だ

托卵というらしいのだが

考えれば考えるほど不思議なシステムだ

他の鳥の巣に卵を産み付け

その鳥の卵より先に孵化して

残りの卵を産まれた雛が捨てて

育ての親が運ぶ餌を独り占めにするという

親は抱卵もしないし給餌もしない

そんな親の愛情を受けてないからやり方もわからんのか

何が不思議ってその托卵するというシステムをいつから編み出したのか

どこかで進化の枝葉が別れたんだろうけど

先にある卵より先に孵化して他の卵を捨てる

まぁ先に孵化しなくても

先に孵化した雛を棄てるらしいけど

これは托卵システムが導入された中での進化なのか

はたまたある時に何らかの影響で卵見たら棄てろ症候群になり

カッコウも抱卵していたけれど

一度に3つ4つ産んでも最初の雛が他の卵を棄ててしまうので

多く遺伝子を遺す為に他の鳥に預け始めたのか

預けたところで100%うまくいくわけでもなく

これうちの子じゃない!と棄てられる事もあるらしく

でも自分で育てたら確実に一羽しか育たないし

沢山の子に巣立って欲しいという親心ゆえに

実は泣く泣く里子に出しているのかも知れない

産み付けた巣を巡回して見守ってるかどうかは知らんけども

抱卵もしないし給餌もしなけりゃ巣も要らんから作らんし

となればつがいになる事もないというか

営巣すれば毎年同じ連れ合いと長年暮らすとかわかるけど

そういうのもないからどこでどう出会って身籠ってるのやら

これを人間に置き換えて見たら

行きずりの恋をして身籠って

産院のベビー室にそっと置いてきたら

赤子が他の子をベッドから追いやり

成りすまして成長していくというね

あなおそろしや

棄てるのが先か託すのが先か

それが問題だ

それが最近の悩み