新しい戦闘・・・・

 千葉のイベントで、話題になった、日本の戦闘機、まったく違う意味で、近くに、技術者の人たちを、知っている、実験解析施設に、かかわりを持つことができた、人生でありますが、その機体の特徴は、空中戦に特化した、設計だったのですが、現在の、戦闘は、電子戦、装備性能を重視ということになきたような、それを重視した設計で、少し方向が違っているような気がします、・・・・ぼってりとした、ボディー、いかにも、アメリカの、カロリーをとりすぎた、人たちが考えたボディーと、考えてしまいます。   日本でも、機体を作っているようだ、私がかかわっていた、マッハ3の実験装置が、役に立つ、性能重視の、機体の登場を願うのは、私だけの、考えになります。  もちろん、操縦者の腕、電子戦性能も備えもち、高性能・・・・・・もっとも、私が願うのは、電子操縦の上をいく、人間の存在の維持を考えるからになります。

とりあえず、これですが、前装備の、ファントム(最高速は、上?)も、練習機として、残し、・・・・なんて、

私の考えでは、下請けの、下町ロケットを、すすめようですね、