おさそい

せめてもの謝罪のように真っ白な清楚なワンピース着て逢いに行く

                       逢引(白のような黒)、衣未

ねえ私可愛いでしょう、ねえだからお願い私を好きになってよ

                        人魚姫のうた、中村ゆい

スキップがスキップみたいになる人とバージンロードはしっかり歩く

                           しっかり歩く、逢

あなたが思う短歌の定義を、こころの余白いっぱいに述べよ

                      ことば採掘研究所、道巻はな

初めてのたべものを口に入れたら、美味しくて目を見ひらいてしまう。そんな素直な歌

が好き。志向はひとそれぞれだから、私とちがう基準や感性のひとも多いだろう。遠慮

したって始まらない。ところで、真っ白な清楚なワンピースを着て逢いにゆくのはいい

として、どんな謝罪なんだろう。可愛いでしょう、好きになってよ、とか、歌に書けて

もダイレクトになかなか言えない。スキップが顔に出てしまうような屈託のなさ。ここ

ろの余白いっぱいに、なんて思ってみたこともないことば遣い。  

  

こういうお誘い(↓)があったのでひとくち乗ることにした。「毒を喰らわば皿までも」という心境でとても恥ずかしい。私のことなんかどうせ誰も知らない。

『薮・やぶ・YUV』の作品評を集め、ネットプリント・フリーペーパーなどで配布したいと思います。読後の感想や評など残しておきたいなあという方は、お忙しいと思いますがぜひご参加ください。「宣伝」は意識しないで、評や感想を発表する、という意味合いでご投稿くだされば幸いです。

広告を非表示にする