フルフォードレポート<英語版>05/30 完全敗北で崩壊していく血統支配の国々。

フルフォードレポート英語版(5/30)

ロスチャイルド支配のフランスとドイツを締め上げる米国とロシア。

先週のG7会合の間に、実力主義グノーシスイルミナティとハザール血統家族の間の西側権力構造における分裂が全ての人に見られた。通常の外交議定書を頼りにしている人々にとって、会合とその後の、一方でドイツとフランスの間、もう一方で英国とアメリカの間の言葉の戦争は、戦後には前例がなかった。米大統領ドナルド・トランプはドイツを「非常に悪い」と呼び、ドイツ車の米国への輸入を止めると脅した。

http://www.rawstory.com/2017/05/the-germans-are-bad-very-bad-trump-pledges-to-stop-german-car-sales-to-us/

彼はまた、NATOへの彼の演説の中で、第5条(集団的自衛権)について言及できなかった。そのことはロシアが米国を気にすることなくフランスとドイツへ進軍することができることを意味している。米国の援助がなければ、ドイツとフランスは数週間でロシアに落ちるだろう。

ドイツ首相アンゲラ・メルケルはサミット後に、「欧州は自らの運命に立ち向かわなければならない」と述べ、EU離脱の英国とトランプの米国はもはや信頼できるパートナーではないと指摘した。ドイツの奴隷であるフランスの大統領エマニュエル・マクロンはトランプを意図的に冷遇し、握手の間に彼の手を傷つけようとして彼のご主人の命令に従った。

https://www.bloomberg.com/politics/articles/2017-05-27/macron-erupts-onto-world-stage-with-trump-snub-and-a-bromance

ワシントンDCで内戦が激しさを増す中で、これらのペテン師もまた、中国公式通信社に西側の民主主義は崩壊しているとコメントした。

http://www.globaltimes.cn/content/1047737.shtml

記事の全体のトーンは中国国家主席習金平はトランプに関する米企業メディアの嘘に密接に関係しているので、ロスチャイルドのために働いているというNSAの主張を支持しており、トランプはロシアの件で弾劾されると予測しているように思える。中国はヒラリークリントンに多額の投資をして、彼女が勝利したら日本を約束されていたのでトランプを苦々しく思っている。

実際に今起こっていることは、依然としてハザール血統マフィア支配の国と能力主義に向かっている国の間の分裂である。言い換えると、ヒトラーの娘としてサクス−ゴーブルグ−ロスチャイルド家族のメンバーであるメルケルは、米国がそれを振り払っているのに、依然として欧州におけるハザール血統支配を擁護している。もちろん英国とカナダは、象徴的な血統支配を保持しているが、国民に支持されており、さらにドイツ、フランス、イタリーその他のように嘘と殺人の背後に隠されておらず、全ての人に公開されている。

一方、米国内ではワシントンDC内に残るハザール人後詰めに対する戦いは最終段階に近づいていると、国防総省とその機関の情報源は認める。百万人のブレジンスキーを説得するより百万人を殺す方が簡単であると言ったズビグネフは彼のご主人のロッキー(デイビット・ロックフェラー)に会いに行くために送られたと、その情報源は指摘している。ブレジンスキーの死は、DCの病的ヒステリーの反ロシアキャンペーンの主要な企画者が逝ってしまい、このキャンペーンは朽ち始めることを意味している。事実、ワシントンDCのエリートは今、ヒラリークリントンの電子メールを漏洩した所謂ロシア人は、結果的には殺された民主党スタッフのセス・リッチ以外には有り得ないという言葉が出てきたので、パニック状態に陥っている。

http://www.zerohedge.com/news/2017-05-22/seth-rich-plot-thickens-dc-insider-confirms-complete-panic-highest-levels-dnc

セス・リッチ殺人の調査のホワイトハウス請願に関連としては、報酬が345千ドルに高騰したのでざわめいている。

デイビット・ロックフェラーの死は、殺人旅団から外交評議会、ビルダーバーグや三極委員会のマインドコントロール一式が崩壊していることを意味している。それがパニックの本当の理由である。

さらに、ハザール人の大量殺人ネオコン派のFBI支配を取り戻すと言う、つまり米国内部取り締まりを取り戻そうとする企みは、イスラエルの二重市民モサド代理人のジョーリーベルマンが任務に就くことを阻止されたので、敗北した。

それに加えて、トランプ政権のトップハザール代理人のジャレッド・クシュナーは深刻な問題に直面していると、複数の情報源は認める。「クシュナーは単に解雇されるだけではなく、起訴されるかもしれない」と国防総省情報源は言う。軍事警察と議会は共にトランプ、ロッキード・マーティンゴールドマン・サックスと前将軍デイビット・ペトロイアスと共にクシュナーを公表されたサウジとの4,000億ドルの武器取引からリベートを受け取り、引き渡した容疑で調査していると、彼らは言う。

サウジアラビアについて言えば、より大きな絵の中で起こっていることを見るために、アラビア、イスラエルバチカンの言う主要な一神教の中枢へのトランプの訪問の総括結果を見るには良い時期である。

2017年の変化の兆候?:カトリック教徒とプロテスタント教徒のの記念する改革記念日−分断された教会の和解、それが意味できること。

先ず注意することは、トランプがアラブに呼びかけたことは米国とロシアが中東とその石油資源の分割支配に関する協定に達したことが確認される。この分割で、ロシアはトルコとイラク、シリアとレバノンの一部とイランを含む復活したペルシャ帝国に影響力を持つ。米国はイスラエル、湾岸協力機構のアラブ諸国、ヨルダンとエジプトを取得する。国防総省は、彼らの戦争機械と棺を満たす利用可能な個人的なガススタンドが利用できることを意味している。

トランプが法王と会って会話が予想以上に進んだことは、悪魔崇拝ハザール人に対するバチカン/ロシアと米愛国キリスト教同盟の存在を強調している。法王フランシスがルシファーを呼ぶのはカトリック教義によると、悪魔は反乱の後にルシファーの称号を失ったからであることが分かった。

トランプは、嘆きの壁イスラエル首相であり有力な悪魔主義者のベンジャミン・ネタニヤフと写真を撮ることを拒否した彼のイスラエル訪問の間に、ハザール人へのメッセージを残したと、国防総省情報源は言う。メッセージはエルサレムの旧市街地はパレスティナに返却すべき占領地であるということであったと、彼らは説明する。

彼は法王を訪問したときに、戦争に関する暴動行為も読んでいた。彼はアラブとイランの間の第三次世界大戦を始めようとする言い訳として、彼が言うところにアラブNATOを使うことを考えるなと警告されていた。トランプはそれをやれば辞任させられると知っていたと、彼らは言う。

ラニア・トランプもまた、旅の間に、サウジアラビア訪問の間や、ホロコースト博物館の訪問の間にベールをかぶることを拒否することで彼女の忠誠を明確にしたが、法王を訪問するときにはベールを被った。言い換えれば、トランプ政権の支配力は、彼女が関心する限り、キリスト教であり、ユダヤ教イスラム教ではないということであった。

ロシア大統領のウラジミール・プーチンも先週、彼の政権の推進力はキリスト教であることを明確にした。1917年のボルシェビキ革命100周年を記念して設立された教会を奉献する式典で、「この教会はキリストの復活と新たな殉教者に専念したものであり、言い換えれば、反宗教的迫害の間に苦しめられたり、抑圧の時期に死亡した人たちを記念したものである」と彼は述べた。

http://en.kremlin.ru/events/president/transcripts/54573

言うまでもなく、20世紀のロシアの苦しみの背後にいた人々は、21世紀の間、米国を世界の悪魔の主要な源に変えるためにあまりに多くをなした戦争誘起ネオコンの背後にいる同じ悪魔主義者であった。

全体としては、悪魔主義者は西側では最終敗北に直面しているので、今は彼らに対する主要な戦場はアジアへ移動している。

ここで、フィリピンのロドリゴ・デトルテ大統領は、中国とロシアの援助を得てハザール人を追い出したばかりでなく、麻薬取引や小児虐待も中止しているため、悪魔主義者は彼らのISIS傭兵軍によってフィリピンを攻撃したと、国防総省情報源は言う。デトルテはトランプと会談した後に、3,000人のオンライン子供人身売買業者を逮捕したと、彼らは言う。おそらく、それが彼らがハザール悪魔主義者支配メディアがトランプとデトルテの電話の秘密内容を公開した理由であろう。

https://www.documentcloud.org/documents/3729123-POTUS-RD-Doc.html#document/p1

アジアで依然として爆発しようとしているのは北朝鮮の状況である。天皇に近い日本の右翼は今、北朝鮮は長い間イスラエルと「バビロン2.0を創造する」つまり世界をハザール人の奴隷にするために協力してきた。

また、中国と日本の両方の水面下で起こっている非常に激しい権力闘争もあると、複数の政治的あるいはアングラ情報源は主張する。日本のメディアと既成勢力は6件以上の個別の不祥事、主に不動産取引を暴露することで首相安倍晋三を排除する運動を明らかに行っている。安倍に近い情報源は、彼は重度の病気であり、必要に応じて死ぬことが決まっていると言っている。ロスチャイルド奴隷の麻生太郎は安倍に代わりたいと希望していたが、彼の主要な後援者である自民党の重鎮与謝野馨が先週殺害された。

http://www.japantimes.co.jp/news/2017/05/24/national/former-lawmaker-finance-chief-kaoru-yosano-dies-78/#.WSv23dzM9jk

また右翼筋によると、最近天皇に会って資金の開放を求めたのは、このニュースレターが言ったロスチャイルドの召使マイケル・グリーンバーグではなく、その情報源が主張する実際は元防衛情報局長官のマイケル・フリンであり、彼はヘンリーキッシンジャーによって送られたと言っている。彼は空手のままであったと彼は言う。いずれにしろ、キッシンジャー自身が人工頭脳が作るコンピュータグラフィックだけではなく、依然と実際に生きていることを証明するために、個人的に白龍会メンバーに会わなければならない。

一方中国では、地下組織の上海、広東、台湾の派閥が全て、習金平を排除する運動が本格的に進んでいると言っている。彼らは、彼の不人気の腐敗防止キャンペーンは彼のライバルを排除する言い訳に過ぎないと言っている。

中国はまた、ムーディーズの信用格付けの格下げに伴い、ハザール支配西側金融システムからの脱出を計画している。ビットコインに背後に中国がいると、アジア秘密結社の情報源は言う。それが格下げが発表された後にビットコインが急騰した理由である。ガタガタのウィンドウズ・ビスタベースのSWIFT国際決済システムは時代遅れだと言っているのは中国人らしい。アジアは今、金に裏打ちされた暗号通貨を支持している。