臓器移植の話

昨日のテレビ番組

アキラ100%というタレントの妻が小児移植コーディネーターという職業についてると紹介されていた。

私は前々から言っている通り臓器移植という行為は反対の立場です。

昨夜はだんなさんもテレビを見ていて臓器移植についてまた話すこととなってしまった。

だんなさんは自分の臓器はもう使いようがないだろ?って自虐的にとらえていてw

意見交換は子供の臓器提供の話だった。

自分の子供の一部がどこかで生かされるのであればそれでよくないか?

私は絶対嫌だ! と言った。

臓器移植の話になるとオカルト的な話も加わる。

移植された心臓に記憶が残っていて・・・(アンビリーバボーかなんかのテレビ番組で紹介されてた)

そんなのも絶対嫌だ。

旦那さんは肯定的だ。

私が臓器移植に反対な理由の最大のものは

自然の摂理に反しているから」

最近偶然にも 弘兼 憲史さんの 会長 島耕作 を読み返していたところだった。

その中で 人間は食物連鎖の頂点になってしまって天敵がいない 

このため、変なウイルスやら病原菌やら常に新しい敵に狙われている・・・ 的な

だんなさんもこの漫画本を読んでいるので、

こんなに人間が増えているんだからわざわざ臓器移植なんて行為はすべきじゃない。

そんなことを言ったら

そうかもー だってw

ともかく、保険証の裏やらいろんなところに意思表示できるから好きなように書いておけと帰宅した息子にも言っておいた。

仮にあなたたちが臓器提供する立場になって臓器提供しますに○をしていても、家族として私は反対しますけどね。

と言い添えましたw

また自分の子供がそれ以外に生きる道がないとなったらどうするの?

臓器移植してくれって頼むのじゃないの?

ってきかれた。

絶対騒がない。

それはその子の寿命なんだよ。

移植して免疫抑制剤を打たれて延々と生きながらえたからと言ってその子の運命を他人がどうこうしていいもんじゃないと思うよ。

人間は持って生まれたものを全うしたら自然に消えるものじゃないかなぁ。

そうこう言ってる間にテレビ番組は次の村上弘明さんの妻の話題に移っていた。

24時間テレビも嫌いだけど、臓器移植の話題を美談にするのはもっと嫌だ。

臓器に記憶が残るという話。

それこそとても怖いことだ。

臓器移植される側に他人の意識が宿る?

それはやはり臓器移植される側は亡くなる運命だったからではないか?

臓器移植した側の意識がされた側を乗っ取るということ?

精神的にもやはり許される自然の行為とは思えないんだけどなぁ。

人間は知恵をもち、食物連鎖の頂点に立ち自らの天敵を次々と駆逐してきた。

最近の自然に妊娠できにくい体質、差別をなくせと同性愛者が声高に権利を主張する風潮も、いろんな新しいウイルスがはやるのも

結局は人間が天敵をなくしたせいなのではなかろうか?

自然淘汰

それがうまくいかないから人類は死なないことで人類滅亡に向かっているようで怖い。

広告を非表示にする