新人の女の子。

週末にお天気も良かったので、自転車で4キロほど離れた所へ買い物に行きました。

途中にある大型スーパーの入り口の付近に、いかにも新人という感じの女の子が一人で何やらボードを持って立っています。

どうやら不動産会社の子らしく、新築の建売住宅を道行く人たちに一生懸命に説明しているのですが、なかなか足を止めてくれる人はいません。

日差しも強くて大変だなあと思いながら、通り過ぎて買い物を済ませて、通りかかると同じ子がまだ立っていました。もうかれこれ4時間ほど経っているのです。

ずっと立ちっぱなしで彼女は声を掛け続けていました。

するとどう見てもナンパ目的と思われる若い男が近づいて何やら話しているのです。

その子は一生懸命に説明していましたが、男は買う気などサラサラない様子で適当に話をしていました。

男が離れると、その子はまた通りかかる人に声を掛け続けています。

私が自転車でゆっくりと近くを通ると、私と視線が合いました。

見るからに真面目を絵にかいたような子でした。

まんじゅうやお菓子でしたら、買ってあげようと思いますが、さすがに建売住宅はそういう訳にはいきません。

それでもその子と目があったので「頑張れよ。」という意味を込めてアイコンタクトを取りながら、ゆっくりと通り過ぎました。

その子も笑顔で道行く人に、話しかけていました。

4千万ほどの値段の建売住宅の間取りが書いてあるボードを持っていたのが見えました。

どれだけの人に声をかければ、買って頂ける人に出会えるのでしょうか。

きっと気が遠くになる程の人に声を掛け続けなければ、買ってもらえる人には会えない事でしょう。もしかすると売れない事もあるかもしれません。

一生懸命立ち続けて説明していれば、いつかは買いたいと思う人に出会えるかもしれません。 これから暑くなるので熱中症も心配です。

営業は大変な仕事です。めげずにやり抜くしか方法はありません。

メンタルが強くないと続けていけません。

一期一会でしたが、あの子が持っていた物件が売れて欲しいなあと陰ながら応援している自分がいました。

広告を非表示にする