自立不能な“ちゃんこリアン”は偉そうにすんな!

特亜馬鹿国家の「排日」暴動で日本経済回復!

http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=fp0v678K0_0

〔「日本経済新聞」2012.9.18〕

「日本企業が中国本土で事業展開する際に,地元企業や同じ中華圏の香港や台湾の企業と組むことが多い」

「中国各地で続く反日デモ日系企業やそのブランドが攻撃対象となるなか,それを扱う香港上場の香港や中国の株価が17日急落した」

「自動車も同様だ.中国政府の規制により,地元企業と折半でないと完成品を生産できない.ホンダとも組む東風汽車だけでなく,トヨタ自動車とホンダの両者と別々の合弁会社でそれぞれのブランドの車を生産する広州汽車集団の株価も17日は5%下げた」

〔「諸君」2007.1「もしアメリカにああ言われたら-こう言い返せ『「日本の科学技術はアメリカの模倣でしかない」と言われたら』」唐津一・東海大学名誉教授〕

「たとえば,成長著しい中国,韓国,インドである.これらの国の工場では日本製の金型が五○パーセント以上の割合で使われており,仮に日本からの技術輸出が止まった場合,これらの工場も立ち行かなくなる」

「もの作りの基本といわれる金型で日本は世界のシェアの約四分の一を占めているという統計もあるほどだ.勿論それは国内生産だけではなく,海外生産も含めてだが,日本企業の息のかかった企業の協力なしでは世界の工業製品は作れないというが現状である」

「その内容は情報技術を筆頭に部品,金型,ロボットなどハイテクを中心としたものである.更に地味だが生命科学も発展している」

〔「諸君」2006.4「もし韓国・北朝鮮にああ言われたら‐こう言い返せ」『半導体産業新聞編集長・泉谷渉氏「科学技術力は韓国の方が上だと言われたら』〕

「一見強力にみえる韓国の半導体産業や液晶産業は,致命的なアキレス腱を抱えているのだ.それは,半導体や液晶を製造するための重要な部品・素材の多くを,日本からの輸入に依存しているということだ」

プラズマテレビを作るためのディスプレーであるPDP(プラズマ・ディスプレー・パネル)の材料については,60%を外国からの輸入(そのほとんどは日本)に依存している.また,液晶パネルの材料については,おそらく40~50%を日本からの輸入に頼っている.さらに,第三のディスプレーとして注目される「有機EL」については,実に90%以上の材料を日本から輸入している」

対日依存鵜飼経済のコリアンは,もう死んでいる.破綻した韓国経済,スラム化する社会からゴミが溢れるかも知れん!

http://m.youtube.com/watch?v=NGBQP0RrQjg&sns=gr&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DNGBQP0RrQjg%26sns%3Dgr

〔「諸君」2006.4月号「もし韓国・北朝鮮にああ言われたら‐こう言い返せ」特集「科学技術力は韓国の方が上だと言われたら」半導体産業新聞編集長・泉谷渉氏〕

「我々は,液晶や半導体などの重要産業の部品・素材については,その多くを日本企業に依存している.我々の生産が拡大すればするほど,日本が儲かるという図式だ」

と韓国企業幹部は韓国経済は“鵜飼経済”構造だと認める.

「一見強力にみえる韓国の半導体産業や液晶産業は,致命的なアキレス腱を抱えているのだ.それは,半導体や液晶を製造するための重要な部品・素材の多くを,日本からの輸入に依存しているということだ」

プラズマテレビを作るためのディスプレーであるPDP(プラズマ・ディスプレー・パネル)の材料については,60%を外国からの輸入(そのほとんどは日本)に依存している.また,液晶パネルの材料については,おそらく40~50%を日本からの輸入に頼っている.さらに,第三のディスプレーとして注目される「有機EL」については,実に90%以上の材料を日本から輸入している」

半導体の基幹材料であるシリコンウエハーについても,その60%以上を日本企業から手当てしているのだ.こうした日本依存の体質が,韓国政府首脳部を苛立たせる」

「当然のことながら,韓国の対日赤字は1971年以来,累積二千五百億ドルを超えてしまった.つまりは,半導体や液晶で圧倒的に強いと言われながら,その生産を拡大すればするほど,日本からの材料の輸入が増え続け,赤字を積み上げるという図式が鮮明になってきたのだ」

「何ゆえに日本の電子材料はそれほど強いのか.第一には,世界一流の技術を持つ半導体や液晶といった先端産業を国内に抱えていたため,材料メーカーが伸びやすい下地ができていたことにある.第二には,きめ細かく,かつ機能性に優れる材料を作るということになれば,日本人の持つ感性の細やかさがものをいう.要するに,おおざっぱな人たちでは作れないのだ.第三に重要なことは,新素材の開発は,気の遠くなるような時間がかかるということだ」

■日中、構造転換へ共同研究=2年ぶり「財務対話」

(時事通信社 - 05月06日 19:00)