読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「八福神」

七福神は、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神様です。

・恵比寿

・大黒天

毘沙門天

・弁財天

・福禄寿

・寿老人

・布袋

七という数字は完成やめでたいことを表す数霊です。

西洋では、ラッキーセブンなどといって縁起が良い数として喜ばれています。

八は広がる、開くという意味を持つ数霊です。

七福神の由来は、ヒンドゥー教仏教道教、日本神道が入り混じって形成された、神仏習合から成り、日本的な信仰対象であるとされています。

中国では八仙(八福神)と呼ばれる七福神と同じようなのがあり、実在の人物(仙人)がおられたといわれています。

この八仙がジャッキー・チェン主演映画「ドランクモンキー 酔拳」酔八仙拳として出てきます。

七福神室町時代の末期頃、農民や漁民の民間信仰として成立しました。七福は「仁王経」の七難七福という言葉が語源とされ、七つの福徳をそれぞれの神に配しております。大黒天、毘沙門天弁才天仏教から、寿老人、福禄寿、布袋は中国道教、恵比寿神神道から来ております。

江戸時代には上野寛永寺開祖の天海僧正徳川家康に福の大黒天、人望の恵比寿天、威光の毘沙門天、愛嬌の弁才天、長寿の寿老人、清廉潔白(心が綺麗なこと)の布袋、大量(度量が大きいこと)福禄寿の7つの福が人生にとって大切であると説いて、家康は七福神信仰を奨励したことで江戸中期頃には盛んに七福神を祀る神社仏閣が建てられるようになりました。

七福神信仰は江戸時代末期には更に盛んとなり、七福神詣、宝船に乗った七福神の絵を枕の下に敷いたり、床の間に飾ったり、商売繁盛の縁起物としても喜ばれるようになりました。

七福神信仰については以上のように説明されています。

すべてに心から感謝します。

福の神さま