読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【介護】 ハハとモン

モンをつれてきた後数日間は「なんでウチに犬が二匹おるんやー」とか「この犬はいつまでおるんやー」とか行ってたし、モンの名前も「シン」「ケン」「ジン」等などいろいろな変遷があったが、いつの間にやら「我が家にはクーちゃん以外に『モン』と言う名前の犬がいる、ということは覚えてしまった。

で、モンはこの先もいるらしい。

保険所(ハハの頭には動物愛護センターなんてない)から貰ってきた犬である。(野犬はわかってない)

食い意地の貼った犬で、見えるところに食べ物を置いておくと食べてしまう。

クッションやスリッパもかじりたおしてしまう。

クーちゃんが怒って吠える回数が極端に増えた。

ハハは「クーちゃんベスト」であることは鉄板であるが、くりんと那智黒飴みたいなしたモンが甘えてくるのに悪い気はしない。

なによりびっくりなことは、モンの癖や傾向をなんとなく理解して、それなりの対応策を講じるようになったことだ。

おそるべし、ペットパワー。

クーちゃんも、怒ることは増えて背中パンパンにすることも増えたが、体重が5キロも減って、危なっかしかった階段の上り下りもスムーズにできるようになった。

ワタシはといえば、モンが破壊したものを破壊継いでにガンガン捨てて、ちょびっとずつだけど物が減っている(笑)。

ハハの変化(明らかにはっきり元気になっとるのよ)の原因がモンであることにまちがいはないと思うんだけど・・・他人に薦められる方法じゃないからなぁ。