有明の月

朝太陽が昇り始めるとき、月がまだ空に残り、その存在が見えています。夜が明け、次第に明るくなる中で、月は同じように青白く、ぼんやり輝いています。太陽が燦然と輝き、月の存在を消し去るまでのわずかな間、太陽と月は空に共存し、互いの存在を認め合うのです。その時は実に絶妙のバランスの上に成り立ち、世界は陽の光を借りた月の光によって静かに浮かび上がるのです。

 画像は有明の月の三枚、同じ時刻の頃の二枚の兆しの太陽の光です。光る強さの違いは強烈ですが、同質の光であることは十分にわかります。

広告を非表示にする