読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぐじいさんにお答え銀英伝で好きな人

ぴぐじいさまのご質問にお答えして銀英伝で魅力を感じる人をざっとお話します。

・やっぱりはずせない?ジークフリード・キルヒアイス

実はうちの夫ってキルヒアイスみたいな人なんですよ。

聡明で大局を見ることに深謀遠慮あって控えめで誠実で限りなく優しい…

すいません、壮大なのろけを言ってしまいました^^;;;;;;;;

普通の奥さんってまぁ大抵は夫を支える側に回るものだと(今は違うか?)思うんですよ。

でも私が自分の人生の主人公で誰はばからなくいられるのは彼のおかげですね。

そして主張の強いタイプの私をいさめ助言してくれる人であります。ストッパーですね。

という訳でキルヒアイス大好きです。

まー彼が嫌いという人はいないと思うけどやっぱり大好きですねキルヒアイス

・もちろんヤン・ウェンリー

自分ではその気がないのに別の方面に突出した才能がある(そして自分ではそれに戸惑っている)というギャップ萌えに弱いんです。

ただ私はコーヒー党なのでヤンさんの気持ちはわかりません(笑)

余計なことですがディーン・フジオカを見るとヤンさんにしか見えません。

ハリウッドで映画化しないかな~

・マリーカ&ケスラーカップル

この二人がどういう家庭を営んでいるかと思うと(笑)

・ウォルフガング・ミッターマイヤー

ミッタマのプロポーズ大作戦を読むといつも爆笑してしまいます。

ラストの「ファーター、ファーター、」というところでは泣いてしまいますね。

・意外?オーベルシュタイン

こういう独特の行動哲学を持つ人が好きなんですよね。

本編では嫌われ者かもしれないけど私は好きだよオーベルシュタイン。

犬もな。

こうして書いていくと私の銀英伝理解もまだまだすごく浅いなと思います。

英伝には数限りなく魅力的な人物が登場します。

再読するたびに、私は彼らの魅力を再発見していくでしょう。