読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【TRPG】メタリックガーディアンRPG「悠久の都アガルティア」セッショントレーラー&ハンドアウト再度公開

 キャンペーンズ次回例会に持ち込むシナリオを書き上げましたので、再度セッショントレーラーとハンドアウトを再度いたします。

(セッショントレーラー)

 パルテア軍の新兵器「フォギル」。超古代のレトロウイルスを用いて作られた生物兵器により、ヴォルフ共和国のコロニー「マハル」、「キケロ」が全滅したのを皮切りに、イヅモの鳳市、エウレシアのノイエミュンヘンでも「フォギル」を使った無差別テロが発生。辛うじて二大都市の全滅は免れたものの、有効な治療法も特効薬もない状態では、それも時間の問題といえた。だが、それよりも問題なのは、パルテアが「フォギル」を使った大規模攻撃を仕掛ければ、地球人類はなす術もなく絶滅するという点であった。

 事ここに至り、沈黙を続けていたレムリア王国が動きを見せる。「フォギル」への対抗策、その手がかりがレムリア北西部に位置する「禁忌の地」アガルティアに眠っているという情報がもたらされ、女王サナート・レムリアの呼びかけで、国家・組織の枠を超えた遺跡調査団が結成されることとなった。

 遺跡の調査はすぐに開始され、調査団の露払いのため、古代遺跡の探索に長けた多くの“冒険者”が“禁忌の地”に送り込まれた。そんな“冒険者”の中には、若いながらも腕利きで評判の(PC1)の姿もあった。

メタリックガーディアンRPG「悠久の都アガルティア」

 新たな騎士よ、剣を取りて、悲しみの涙を払え!

PC1用ハンドアウト

コネクション:”アガルティアの姫”シャナミア・ゼオン・アガルティア(好意)

クイックスタート:精霊騎士 コンストラクション:ミスティック カバー:冒険者(レムリア人)

(※推奨設定:年齢は14〜17才として下さい。オープニングフェイズでは、ガーディアンを所持していないキャラクターとして扱います)

 キミは、レムリアの地で遺跡探索や怪物退治、その他諸々面倒な仕事を請け負い、日々を生きる“冒険者”である。今回の依頼は「禁忌の地」にある古代遺跡の探索。仲間が次々と脱落してゆく中、数々の障害を突破したキミは最奥部で一冊の魔導書を発見する。「悠久」を意味する古代語が書かれた表紙をめくった直後、キミが立っていたのは、石壁に覆われた小部屋ではなく、見知らぬ古代の街並みであった。

PC2用ハンドアウト

コネクション:”アガルティアの姫”シャナミア・ゼオン・アガルティア(宿縁)

クイックスタート:蒼穹の聖騎士 コンストラクション:ファンタズム カバー:レムリア騎士

(※推奨設定:年齢は16〜18才として下さい。立場は調査団・団長になります)

レムリア騎士であるキミに与えられた任務は、「禁忌の地」とされた古代アガルティア王国の遺跡を調査し、パルテアがイヅモに対して使用した生物兵器“フォギル”に関する情報を何としても持ち帰ること。“フォギル”とは、元々は古代アガルティア王国が作り出したものであり、アガルティアの末裔であるキミにとっては、祖先の名誉のためにも何としても果たさねばならない任務であった。

PC?用ハンドアウト

コネクション:”アガルティアの姫”シャナミア・ゼオン・アガルティア(希望)

クイックスタート:天雷の狙撃手 コンストラクション:カバリエ カバー:フォーチュン隊員

(※推奨設定;調査団の副団長を務めることになります)

 キミの任務は、国家・組織の枠を超えて組織された遺跡調査団の一員として、古代アガルティア王国の遺跡から、パルテアの生物兵器“フォギル”に関する情報を持ち帰ること。パルテアが行ったテロ行為により、危機的状況にある鳳市でキミの帰りを待つ人々のためにも、この任務は果たさねばならない。

 

PC?用ハンドアウト

コネクション:パルテア軍(脅威)

クイックスタート:老練なる勇者 コンストラクション:ベテラン カバー:連邦軍兵士

 キミの任務は、国家・組織の枠を超えて組織された遺跡調査団の一員として、古代アガルティア王国の遺跡から、パルテアの生物兵器“フォギル”に関する情報を持ち帰ること。調査任務はレムリア側のスタッフが担当することになるため、キミが担当するのは彼らの護衛ということになる。調査団の動きはパルテア軍も掴んでいるはず。彼らの動きには注意が必要だ。

PC?用ハンドアウト

コネクション:ギルディア(因縁)

クイックスタート:戦争の犬 コンストラクション:指定なし カバー:傭兵

“フォギル”を使い、コロニー「マハル」を制圧したパルテア軍に一矢報いるべく、コロニー守備隊とともにパルテア軍旗艦を急襲したキミだったが、たった一機のグラムメタルによって全滅させられてしまう。去り際にギルディアと名乗ったグラムメタルの後ろ姿を、キミは黙って見送るしかなかった。遺跡調査団の護衛任務に就いたキミは確信していた。「ヤツは必ずここに来る」と。

 なお、設定レベルは3LV。初期作成状態のPCでの参加になりますので、ご注意願います。

 なお、PCデータを事前作成する場合、基本ルルブ、サプリメント全種のデータを使用可とします。