相鉄線下り線高架化完成を見に行く

先日の3月5日から相鉄線星川駅天王町駅間の下り線が高架線に切り替えと言うことで、本日初乗りに行って来ました。

東海道線で横浜へ行きましたが、嬉しかったのは新橋駅を発車後の車内放送で終点国府津までよ主な駅の到着予定時刻を放送してくれたこと、上野東京ラインになって初めて乗車した際、放送が無かったので残念に思っていましたが、たまたまだったのかもしれません。

相鉄線横浜駅に着くとホームには9000系ネイビーブルーリニューアル車の特急海老名行き! 迷わず飛び乗ります!もちろんセミクロスシート車両、反対方向通路側でしたがスコットランド産のレザーシートの座りこごちは確認できました。

硬めですが下のクッションはそれなりにフワッとして宜のでは…と、しかしヘッドレストは4名着席だと頭が浮く座り方になるので役に立たず、前席に人がいない時に限って使えそうです。

室内はシックな深いダークグレーとホワイト系のツートーンでまとめられており、横浜駅ジョイナスもこれに近いカラーなので統一したイメージなのでしょう。

流石にお客様が多い車内の撮影は叶わず、これくらいしか撮れませんでしたが、なかなか良い感じです。

天王町を過ぎると新高架線に移ります、心地よいモーター音を響かせて疾走、東洋製モーターと直角カルダンによる独特の走行音にウットリします→ ちょっと変態か?(笑)

ネイビーブルー塗装ですが鉄道車両としては多層塗りになっているそうで流石の写り込みです、ちょっと暗いので視認性に乏しい感もありますがやはり塗装車両は良いですね、京急も反省して全塗装に戻すべきです。

あっという間に通り過ぎたので、各駅停車で来るべきだったと思いつつ、リニューアル車に乗れたので満足、そのまま大和駅で降りました。

そして未リニューアルの9000系急行横浜行きで三ツ境へ行きました、今度は進行方向の窓際席をゲットし、空いていたので足を伸ばしてモケットのヘッドレストに頭を預けました。

ダイエー三ツ境店でドムドムバーガーを食べて再び横浜へ、今度は8000系、そして二俣川で各駅停車に乗り換え、おお!7000系だ!日頃の行いが良いと見えますw

天気が良ければ星川駅天王町駅で降りたいところですが雨ですのでそのまま横浜駅に向かいました(折角の7000系でもありますし)

しばし時間があったので横浜駅西口をぶらつきます、駅ビルの建て替え工事はあまり進んでいるように見えません。

ザ・ダイヤモンドが相鉄ジョイナスに統合されていたなんて初めて知りました、中もかなりリニューアルされて昔の面影はありません、西口で70年代からの雰囲気が残るのは西口五番街だけになったかもしれません。あ、モアーズにも面影が残るか? 壁面にはベイスターズの開幕段幕が…

肝心の高架線はじっくり見られなかったので、またJR東急直通線の進捗を見届けに再訪するとします。