読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネアンデルタール人の歯石からうかがう太古のセルフメディケーションと歯周病菌の感染の意味は

 現代人がせっせと歯を磨くのは歯周病の原因となる歯垢を除去することだが、ネアンデルタール人が歯を磨く習慣がなかったのは幸いだった。

◎歯石からベルギーとスペインのネアンデルタール人の食性差

 かつて人骨化石を研究する古人類学者にとって、歯垢の石灰化した歯石は、歯の成長やストレス、摩耗パターンの観察に邪魔になるためクリーニングの対象だった。ところが今では、歯石はネアンデルタール人の食性や保健状態をうかがうのに重要な試料となっている。

 オーストラリア、アデレード大学の古微生物学者ローラ・ウェイリッチ氏が率いる研究チームは、スペイン、エル・シドロンとベルギー、スピーの3体のネアンデルタール人の歯石(写真)を分析し、その結果をイギリスの科学週刊誌『ネイチャー』3月9日号で報告した。

セルフメディケーションか?

 それによると、居住環境の差を反映してか、スピー・ネアンデルタール(写真)はケブカサイと野生ヒツジを食用にしていた一方、動物資源に恵まれなかったのかエル・シドロンのネアンデルタールはコケ、松の実、キノコなど植物資源を採集していたことがうかがえた。両者とも、キノコは食べていたという。

 またエル・シドロン・ネアンデルタール個体は、植物を医療用にも用いていたらしいこともうかがえた。ポプラの木(アスピリンで用いられているサリチル酸を含む)、ペニシリン属のアオカビ(言わずと知れた抗菌作用がある)、下痢と吐き気をもたらす病原菌のEnterocytozoon bieneusi(エンテロシトゾーン・ビエヌーシ)という病原菌の各DNAも見つかった。

 これらは、彼らがある種の治療行為をしていたのではないか、とウェイリッチ氏は見る。

歯周病を引き起こす古細菌の感染

 またチームは、歯石から抽出した古細菌Methanobrevibacter oralis(メタノブレウィバクテル・オラリス)の全ゲノムの塩基配列を決定した。なおこの細菌は、歯周病を引き起こすことが知られている。この古細菌は4万8000年前のもので、これまでに配列が明らかになった微生物ゲノムでは最も古い。

 この微生物は、約12万5000年前に先行のホミニンに寄生していた種から分岐したものらしい。この細菌は、唾液を通じて人から人へと伝えられることが分かっており、この少し後、ネアンデルタールと早期ホモ・サピエンスは互いに交雑していたので、その過程で口移しにいずれかから他方に感染したと思われるという。

ネアンデルタールホモ・サピエンスの男女間でキス?

 すると両種の男女間でキスが交わされたのかもしれない。

 歯磨きもせず、歯石のびっしり付いた男女間のキスって、そもそも口臭がひどいだろうからとてもロマンチックには思えないが、それは極度に潔癖症となった現代人の偏見かもしれない。

 何しろ風呂さえなかった時代、体を洗う習慣も彼らにはなかったかもしれない。それでも厳しい冬季には身を寄せ合っていたのだ。

 不潔や清潔など、現代人の基準に過ぎない。

注 容量制限にタッチしているため、読者の皆様方にまことに申し訳ありませんが、本日記に写真を掲載できません。

 写真をご覧になりたい方は、お手数ですが、https://plaza.rakuten.co.jp/libpubli2/diary/201703240000/をクリックし、楽天ブログに飛んでいただければ、写真を見ることができます。

昨年の今日の日記:「またも西欧にISIL無差別テロ;テロの抑え込みは現状では不可能、西欧国民と旅行者はテロの日常化を覚悟する必要」