読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事件は風化するもの

10年ひと昔というが、22年経過すればふた昔以上前の出来事である。事件直後にに産まれた人でも22歳になっているわけで、当時の状況を知っている人は段々少なくなる。

そういう意味においては大東亜戦争終結して早72年である。毎年8月になると終戦特集(敗戦特集)が組まれ公的行事も行われるが、戦後生まれの人達にとっては自ら学ぼうとしないと様子は皆目分からない。

その一方、戦後の混乱期に朝鮮人が自ら三国人と名乗り日本各地で悪辣非道の限りを尽くしたことについては特集が組まれるわけではなく、当時生きていた人でお亡くなりになってしまった人が少なくないことと相まって埋没気味である。

そして根っからの泥棒で恥知らずでもある朝鮮人の宣伝に騙されてしまい、在日朝鮮人の特質がよく言い表された「犬でも3日買えば恩を忘れないのに朝鮮人は恩を忘れて噛み付いてきた犬畜生以下の存在である」ということさえ聞いたことがなく、在日朝鮮人は戦中に日本に強制連行されてきた可哀想な人達と信じ込んでいる人達が少なくない。

こういったことは学校では全く教えないことも関係しているが、闇に葬られ気味の歴史ついて自ら学ぶようにしないと、奴らが創作した荒唐無稽な歴史に踊らされてしまうことになるだろう。

■地下鉄サリン22年、遺族「あっという間」 駅で献花

(朝日新聞デジタル - 03月20日 15:08)